大阪映画センター お勧め作品 「映画 太陽の子」

戦時下の研究者の葛藤を描く青春群像劇。

終戦75周年を迎えた2020年に、NHKとELEVEN ARTS Studios(USA)による日米合作作品として製作された特集ドラマ「太陽の子」。テレビドラマ版とは異なった視点で描かれる映画では、時代に翻弄された修(柳楽優弥)・世津(有村架純)・裕之(三浦春馬)それぞれの想いが交錯する。

映画 太陽の子|大阪映画センター

映画 太陽の子

<ストーリー>

1945年の夏、軍から密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ若き科学者・石村修たち研究員は、「今研究しているものが完成すれば、戦争は終わる」と、原子核爆弾の研究を進めていた。そんな時、建物疎開で家を失い、修の家に住む事になった幼馴染の朝倉世津。修の弟・裕之が戦地から一時帰宅し、3人は再会を喜ぶが、戦地で裕之が負った心の傷を垣間見た修と世津。物理学研究に魅了されていた修も、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな2人を包み込む世津は、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。

上映時間:111分

【出演】 柳楽優弥/有村架純/三浦春馬/イッセー尾形/國村隼/田中裕子

映画 太陽の子 大阪映画センター