大阪映画センター 新作シネマ情報 「がんと生きる 言葉の処方箋  」

がん患者の苦しみを言葉で癒す「言葉の処方箋」とも言われる「がん哲学外来」と、そこから発展して生まれた「がん哲学外来メディカル・カフェ」をテーマに撮り上げたドキュメンタリー。

がんと生きる 言葉の処方箋  |大阪映画センター

がんと生きる 言葉の処方箋  

<ストーリー>

順天堂大学医学部の樋野興夫教授が、医学と哲学を結びつけて提唱した「がん哲学外来」。そして、そこから発展し、患者たちが対話して悩みを分かち合い、病と向き合う場として生まれた交流の場「メディカル・カフェ」。全国のカフェを回って講演する樋野教授や、それぞれにカフェを開設し、がんにかかっても明るく元気に生きる人々たちの姿を通して、がんとともに生きることへの勇気や人生の希望を見いだしていく。

上映時間:90分

監督 野澤和之

がんと生きる 言葉の処方箋   大阪映画センター