大阪映画センター  「象のいない動物園」

小さな心があつまって、大きなゾウがやってきた

象のいない動物園|大阪映画センター

象のいない動物園

<ストーリー>

戦争が激しくなった昭和18年、上野動物園では爆撃のために動物が町へ逃げ出したら危険だということで、多くの動物たちが次々に殺された。

子どもたちの人気者だった動物たち。飼育係は世話をしていた動物を自ら殺さなければならないのだった。

そして、毒のエサも注射も効かないゾウは餓死させることに…。

戦後、焼け跡の中でけなげに生きる子どもたちの“ゾウを見たい”という熱意が、ついにはインドの首相や政府を動かし、ゾウを呼び寄せるまでを描く実話。

上映時間:79分

声の出演:常田富士男

象のいない動物園 大阪映画センター