大阪映画センター  「クロがいた夏」

「小さな眼」を通して、生命と平和の大切さを訴える感動作品

クロがいた夏|大阪映画センター

クロがいた夏

<ストーリー>

ある日伸子は、カラスに襲われている親子のネコに出会う。思わず助けにはいるが、お母さんネコは死んでしまう。

子ネコを連れ帰った伸子だったが、お父さんは許してくれない。やっとのことでお父さんが飼うことを認めてくれてからは、家族の毎日は、それまでの2倍、3倍にも楽しい毎日になっていく。

でも、ある日突然に…。

中沢啓二が、被爆当時飼っていた子ネコとの交流をもとに原作を描いたアニメーション。

命の尊さと、核兵器の恐ろしさを描く。

上映時間:87分

原作:中沢啓治

声の出演:田口悦子 小刀将弘

クロがいた夏 大阪映画センター